今後の課題について

LCCが抱える今後の課題とはいったいどんなものがあるのでしょうか。
まずはコストの面で積極的に削除していた、サービス面の復活についてです。
確かに安く利用できるのがLCCの最大のメリットではありますが、乱立する会社情勢を対象に考えると利用者は値段の次にサービス面で会社選びをすると言えます。
他の航空会社のようにフルサービスとまではいかなくとも、今後は無償の機内食配布やフリードリンクなどのサービスが復活する可能性も考えられるでしょう。


次に欠航などのトラブルがあった時の保証面です。
現在ではLCCの飛行機が欠航した場合、すぐに代わりの飛行機が用意出来ないため、最終便などで問題が発生すると空港で一夜を過ごすというトラブルへと発展します。
今後は欠航の原因究明から問題撲滅を検討する方法で話は進んでいるほか、万が一最終便でトラブルがあった場合の宿泊施設確保などが検討されていますが、ただでさえ安さをウリにしているLCCが、そういった余計なコストを使ってしまっては元もこうもないという声も聞かれているのも現状です。
削れる部分を最大限削った結果、様々な問題点を抱えたままのLCCですが、使い方次第では非常に便利なサービスである事には変わりありません。