LCCの現状

今では当たり前のように利用されているLCC(格安航空会社)ですが、様々な会社が登場している現状から、日本における今後の展望などが見えてきています。
まず日本におけるLCCの現状ですが、乱立していた格安航空会社情勢もやや落ち着きつつあると言えます。
かつては異常とも言える安さを誇る会社が登場するなど、一時は特異な目で見られていたLCCですが、昨今ではあまりにも無理な経営をしていた会社が次々と姿を消し、ようやく現在のように安定した供給が出来る会社が現れてきているといえます。


また海外旅行ばかり目を向けられがちですが、近年ではLCCを使ってお得に国内線を利用する人も増えてきたため、新幹線・列車以外にも格安で旅行する手段として認知度が高まっています。
値段の幅も季節によって様々で、繁忙期を上手く外すと500円程度で、東京から北は北海道・南は沖縄まで行けるといった、値段面での大きなメリットもあります。


現在日本の中ではオーストラリアやマレーシア、韓国やシンガポールと言った外資系LCCがメインとなっていますが、今後も日本でのシェア拡大を目的とした出向も予想されており、さらに安くて便利な国際線・国内線の旅が利用できると言えます。
勿論その中でも利用者は、安全性やサービス面でも選ぶ必要性があると言えるでしょう。
選択の幅が広がり、空の旅に対する壁もより一層薄くなる事から、海外旅行に出かける人口も増加していく事は間違いないと言えるでしょう。


○外部推奨リンク
スカイマークエアラインの航空券を簡単に予約出来る便利なサイトです ⇒ スカイマーク 予約